太陽の光を浴びる!

デスクワークとうつ病の関係とは

デスクワークに従事する人は、うつ病になる可能性が高いと言われています。うつ病にもさまざまな種類がありますが、太陽光を十分に浴びないことが原因で発症する症状もあります。人間の身体は太陽光を浴びることで体内時計を正常化する作用があり、時計がなくても現在の時間をある程度予測できるのです。ほとんど太陽光を浴びない生活を続けていると、身体のリズムが崩れてきます。自律神経のバランスが悪化し、そこから慢性的なストレス・うつ病などを発症させるケースは少なくありません。太陽光をあまり浴びない人は、運動不足の傾向が強いのが特徴です。太陽光不足が原因でうつ病が発症しているならば、太陽光を積極的に浴びる対策を取り入れましょう。

外出して太陽光を浴びることが大切

うつ病の大きな原因はストレスであり、特に大きいのは仕事のストレスです。医療機関でうつ病の治療をするときは、休職するようにアドバイスを受けるケースが少なくありません。慢性疲労やストレスを解消するには、大本の原因である仕事から解放されるのが一番だからです。一方でずっと家に引きこもっている人も、うつ病になりやすい現実があります。この場合はずっと部屋に閉じこもっていることで、太陽光をほとんど浴びないのが原因として考えられます。太陽光を浴びるためにはウォーキングやジョギングを日課にするのが得策です。外出すれば必然的に日光を浴びるので、崩れた体内リズムを正常化できるでしょう。心身のバランスを正常に戻していくことがうつ病治療の基本です。